Share your knowledge on Readable
Collaborate with others to annotate & explain the things you love

雑踏を通り抜けて光の導く場所へ 音のない情景は流れ続ける 両手を広げてすべてをつかもうとした 錆びついた線路の果てに 何かがあると信じていたい このまま時が止まればいいと ありふれた言葉で願いを込めた どれだけ君を見つめていても あの頃のように僕に微笑みかける 忘れないから・・・ 原色のゆらめきは目の前に浮かんでは消える 瞼を閉じても今はあの場所にもう二度と還れない このまま時が続けばいいと...

1

annotations

震える体をそっとおさえ となりで眠る天使の顔をのぞいた 見たこともない 静寂と沈黙の中で 目に焼き付いた 光に魘されて 明日もこの夜空に 今にも零れそうな星は見られるの 風に靡く髪を指にからめ 君を抱きよせ 口づけ交わしてた あの時の君は今の僕と同じ・・・ 冷えたい風を一人で見つめてた 今ならわかりあえる あの時の君が流した涙の理由さえも 忘れていた君の香りさえ 思い出して こぼれる涙を数えて...

1

annotations

誰もいないはずのホ一ムで 僕のことを見送る君を見た; まるで、もう逢えないような。。。 寂しげに涙浮かべて僕を見てた 明けない夜がないように。。。 また逢えるさ どんなに離れたとしても 君に逢いにゆくよ かならず逢いにゆくよ この夢が終わらないように このまま虹の向こうへ 二人で歩いてゆこう どこまでも空が続く限り 君からの手紙、 消えかけの文字を何度もなぞった 止まない雨はないように...

1

annotations

We’ve all seen a full moon looming large shortly after it rises, when it’s still hugging the horizon. Scientists say that large moon is an illusion, a trick your brain is playing. It’s called the...